カメラのキタムラスタジオマリオフォトブック

カメラのキタムラ・フォトブックでフォト(写真)アルバムを簡単作成

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

ネットプリントなんでも相談室

フォトブックの紙の違い


カメラのキタムラのフォトブックには2種類の印刷方法があります

どちらもハードカバーです

カメラのキタムラのフォトブックには大きく分けて2つの印刷方法があります。
・印画紙を使用するタイプ(※以下、写真仕上げ)
(イヤーアルバムフォトブックハードカバーフォトブックリングセミハードカバーなど)
・業務用印刷機を使用するタイプ (※以下、印刷仕上げ)
(フォトプラスブックビッグフォトブックフォト本シンプル100など)

ここでは、イヤーアルバム(写真仕上げ)とビッグタイプフォトブック ハードカバー(印刷仕上げ)の違いをみてみましょう。


写真仕上げの特徴は?

写真仕上げは、印画紙を貼り付け折り込みをして、製本しているので紙が厚手です。
厚手の紙ですので、斜めにしても紙があまり曲がりません。厚手の絵本などもこんな感じですね。
フォトブックを開いてもらうと、綴じ込みの部分で織り込まれているのが分かるかと思います。
紙の表面は、光沢がありますが表面にコーティングを施しているので、普通の写真のように指紋がつきません。
触ると少しざらざらした印象を持つと思います。

紙が厚手です

綴じ込みの所が折り込んでいます

表面はコーティングが施してあります


印刷仕上げの特徴は?

印刷仕上げは、紙が印画紙ほど厚くないのでページを開くと、端の方がしなるようになっています。
一番近い素材は、高級な雑誌が一番近いと思います。 紙に光沢もありますが、硬い紙ではありません。
フォトブックを開いて、綴じ込み部分を見てもらうと、印刷した紙が綴じ込まれています。
紙の表面は、光沢がありますが、強い光沢ではありません。雑誌のような光沢感です。触ると少しつるつるした印象を持つと思います。
最後にフォト本も印刷仕上げですが、光沢がもっと抑えられていて書店に並ぶ本のような仕上がりになっています。
印刷仕上げといっても、紙やコーティングで印象が変わるので、お店でご確認ください。

柔らかい紙の印象です

印刷した紙が綴じ込まれている

表面は、光沢がありますが強い光沢ではありません

同じ印刷仕上げでも、
フォト本は、表面がより光沢を抑えた印象です

フォト本は、書店にならぶ本を意識した綴じ込みになっています


一番の確認方法は、お近くのお店にお越しください

紙の質感や印象は文字や写真にしづらいものです。
一番いい方法は、お近くの店舗にて見本をご覧ください。
実際に触ってみますと、かなり違いがある事がわかると思います。
今後フォトブックをお作りいただく際に 『このフォトブックはどんな感じなんだろう?』という方は、 店舗で見本を見ていただくことをおすすめいたします。

お近くの店舗を検索する


フォトブック一覧
キャンペーン&トピックス
サポート/お問い合わせ
店舗検索
カメラのキタムラTOPへ
ネットショップ
ネット中古